ホーム

診療方針

診療のご案内

料金表

クリニックのご紹介

よくある質問

アンチエイジング検査

アンチエイジング検査

ラポールでは今回皆様の体の異常を早い段階からつかむために新しい器械を数種ご用意しました。 特に、動脈硬化と認知症を早期診断し、直ちに対策出来ればと考えています。 

動脈硬化の検査

ラポールでは、動脈硬化に対しての治療のみならず、血液検査と加速度脈波分析装置を用いて動脈硬化の程度を測定することが可能です。

食事が欧米化した現在では、動脈硬化は人々の生活を脅かす病気の代表となってしまいました。

動脈硬化が進むと、心筋梗塞・下肢動脈閉塞・脳梗塞を引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞に陥れば、命を落とすだけではなく通常の生活が大きく障害されてしまいます。 下肢動脈閉塞は、歩行が制限されるようになりますので、日常生活は大きく阻害され、その死亡率は大腸がんより高いとされています。 年齢とともに、動脈硬化は進んで行きます。 動脈硬化の進行を防止するためには、原因となる高血圧や糖尿病に対してきちんと向き合うことが大事です。 動脈硬化が進み、血管が極めて細くなったり閉塞した場合には、カテーテル治療で細くなった血管を拡張(リンクー脳血管内治療医へ)させることも可能です。 これらの治療は、日々進歩しています。 最新で有効な治療と言える一方、全ての症例で施行可能ではなく、ある一定の割合で治療部位が再び細くなったりすることも事実です。 また、長期にわたり、抗血小板剤など多くの薬剤を服用しなければなりません。 点滴治療では、キレーション療法が最も動脈硬化に適した治療と言えます。 期間は3-4か月を要しますが、狭くなった血管をゆっくりと薬剤で拡張させていく療法です。 閉塞した血管を持つ全ての方に有効とは言えませんが、細くなった血管に再度、血の流れが戻れば1-2回の維持療法でその血流は維持できます。 米国で薬品や治療材料を管理する米国食品医薬品局(FDA)と米国国立衛生研究所(NIH)において2015年にTACT研究でその効果が認められた治療法です。 現在、TACT2研究が米国で進行中です。 動脈硬化に対するキレーション療法は、特に糖尿病を合併した方に効果があると言われています。 動脈硬化とともにその原因となる疾患を、根本から治療する療法として注目されています。

認知症の検査

認知症を患っている人は500万人にも達する勢いです。 認知症のひとつであるアルツハイマー病は約20年かけて、脳内にアミロイドベータペプチドが徐々に蓄積し、神経細胞を破壊することで発症します。 アルツハイマー病は、軽度認知障害(MCI)いう状態を経て発症することが知られています。 MCIの状態を早期に発見することが出来れば、アルツハイマー病の発症を防いだり、発症までの時間を延長させることが出来ます。

MCIスクリーニング検査

アミロイドベータペプチドを排除する機能をもつ血液中の3つのタンパク質を調べることで、MCIのリスクを判定します。 また、アミロイドベータペプチドの蓄積や凝集に関わるAPOE遺伝子をお調べする検査も用意しています。

オリゴスキャン (ミネラル・有害重金属検査)

広島県内クリニックでは初の導入

アルツハイマー病に関係するといわれる有害金属アルミニウムの蓄積を調べることができます。

身体には体外から入ってきた重金属を排除する機能がもともと備わっています。 通常は排除する機能が弱まったり、過剰に摂取することにより、体内に重金属が蓄積すると、原因不明の体調不良をきたしたり、長い間の蓄積で認知症を引き起こしたりします。 体内に蓄積した重金属はタンパク質や脂質に結合しているために、血液検査では調べる事ができません。 オリゴスキャンは、手のひらを吸光高度法によりスキャンすることで、組織や血管壁に沈着している有害重金属14元素と必須ミネラル20元素を非侵襲で迅速に測定することが出来る画期的なシステムです。 今回、ラポールが広島の医療機関で初めて導入しました。

必須&参考ミネラル20元素
Ca カルシウム Cr クロム
Mg マグネシウム V バナジウム
P リン B 臭素
Si ケイ素 Co コバルト
Na ナトリウム Mo モリブデン
K カリウム I ヨウ素
Cu Li リチウム
Zn 亜鉛 Ge ゲルマニウム
Fe Se セレン
Mn マンガン S 硫黄
有害重金属14元素
Al アルミニウム Cd カドミウム
Sb アンチモン Hg 水銀
Ag Ni ニッケル
As ヒ素 Pt 白金
Ba バリウム Pb
Be ベリリウム Ti タリウム
Bi ビスマス Th トリウム

採用情報

よくある質問

先生のコラム

予約診療のフォームはこちら

クリニックブログ

血管治療医ご紹介

〒730-0051 広島県広島市中区大手町5丁目3-1

ご予約・お問合せ

082-241-6009 / FAX 082-241-0506

受付時間

午前9時~午後6時(月・木曜は午後7時30分まで)

Copyright (C) 2015 Clinic Rapport,Ltd. All Rights Reserved.

ページトップへ